悩む男性と薬のケースを持っている様子
薬を飲む男性と病原体
薬を飲む男性とカプセルを持っている様子
ウィルス

ジスロマックは性病などの感染症を始め、歯科や耳鼻科などで治療後に化膿することを防止するために処方される薬です。3錠を服用することで1週間にわたって効果が持続することが特徴で、値段も比較的安く利用しやすいことが特徴になります。ジスロマックの有効成分はアジスロマイシンですが、この分子に窒素原子を結合させることで細菌の中に取り込まれやすくなります。ここから体外に排出されるまでの時間も長くなり、最初の3日間1錠ずつの服用により、合計7日間の効果を発揮します。服用するタイミングには特に規定がありませんが、同時に整腸剤を服用するときは食後に服用することが推奨されています。

抗生物質により腸内細菌が殺菌されることから、ジスロマックを服用した後の食後には、調整剤を服用すればより効果的になります。ジスロマックを服用する期間は初めの3日間だけで、殺菌効果が1週間ほど持続することが特徴で、下痢などの副作用を防ぐ目的で整腸剤を服用するときは、1週間飲み続ける必要があります。薬を服用すると薬効成分のアジスロマイシンと言う物質が、病原体の中へ取り込まれていきます。この病原体の中に取り込まれたアジスロマイシンは、最近が成長していく作用を阻止するので、体内で増殖することを防ぎ殺菌もします。

一般的に動植物の細胞や細菌は遺伝子でもあるDNAと、タンパク質などの合成が行われるので、情報をコピーして取り出すRNAを持ち合わせています。この情報を遺伝子に書かれている情報と照らし合わせ、細胞内で必要なタンパク質とされるものを合成させるのが蛋白合成開始複合体のリボソームです。人や動植物・細菌の細胞には、それぞれの種類に応じてリボソームを持っていることが特徴になります。細菌の細胞内に取り込まれるアジスロマイシンの分子はリボソームと結合することにより、細菌が成長するにあたって必要なタンパク質の合成を阻止する効果があります。タンパク質を合成することができなくなるので、細菌は成長することや増殖することもできなくなり最終的にいなくなります。

ジスロマックの有効成分であるアジスロマイシンは細菌のリボソームを、不活性化することができますが、人間の細胞にも含まれているリボソームとは結合しないことも特徴です。これによりジスロマックは服用しても、副作用が出にくいと言う大きな特徴があります。基本的に細菌のタンパク質の合成を阻止することができますが、高濃度のアジスロマイシンは最近に対しては直接殺菌することも可能です。ジスロマックに含まれているジスロマイシンには、最近を殺菌させる作用がありますが、その副次的な作用が抗炎症作用になります。

アジスロマイシンを取り込んだ最近は特に人の免疫細胞でもある、好中球が細胞の周りに集まり武器としている活性酸素で攻撃していきます。これによりジスロマックを服用すれば、細菌感染によって起こる炎症反応も抑えることが可能です。調整剤の代わりにヨーグルトなどの乳酸菌を利用する人もいますが、ジスロマックと乳脂肪分を一緒に摂取することで、効き目が弱まることもあります。服用した後4日程度は効果が持続すると期待されており、乳脂肪分を含む食品は控えることが好ましいです。

健康食品でも乳酸菌系がありますが、そのほかにチーズやケーキのクリーム・洋菓子を食べれば影響があります。抗生物質は服用することで副作用を生じることもありますが、根本的に解決するには腸内の細菌バランスをよくしていきます。ジスロマックには強力な殺菌力があり、性病をはじめとする色々な感染症に対して有効です。また殺菌力がとても強いので腸内にいる有益な細菌も、同時に殺菌してしまいそれが下痢の副作用として出ます。