• ホーム
  • クラミジアの検査料や治療費|クラミジア治療は健康保険が使用可能

クラミジアの検査料や治療費|クラミジア治療は健康保険が使用可能

クラミジアの検査料や治療費は健康保険が使用可能で、逆に健康保険を使用しなければ治療費が高くなるので注意が必要です。特に若い人は医療費を気にするあまり専門医の受診をしないこともありますが、性病の治療には精密検査や検査方法を用いるので風邪などの一般的な治療費に比べると高くなります。治療のタイミングを逃せば不妊症になる可能性が高くなり、知らないうちに子宮や卵巣・精巣上体などへクラミジア菌が進んでいくことになります。健康保険を使用して早めに適切な治療を受けることで、すぐに完治させることができます。

男性は特に性器と排尿器官が同じで、尿道にクラミジアが感染することも珍しくありません。したがって検査方法は尿検査が一般的ですが、女性は排尿器官ではなく内臓へつながる子宮へ感染するので、独立した器官への感染があります。女性の検査は尿を用いず子宮頸管の分泌物や、膣壁の粘膜にある分泌物を検体にし検査していきます。また喉にはオーラルで行うことで感染しますが、咽頭検査が必要になります。

咽頭にあるクラミジアの検査はスワブ法やうがい液法が用いられ、どちらかにするかはその医療機関によって違います。スワブ法は綿棒を使用し検査をしますが、咽頭部の粘膜をぬぐい検体にし綿棒でぬぐいとる検体でクラミジアの有無を調べます。検査を受ける人が楽に検体を提出することができるのは、うがい液法ですが、うがいをして吐き出した液体を検体にします。治療費は風の治療よりは高くなりますが、処方されている薬を飲み終えて2?3週間後に再検査をすることで完治の有無を調べることができます。クラミジア感染症は菌によるものなので、少しでも残れば再び患部で増殖しますし、問題がなければ完治したということです。

また処方された抗生剤は指示された通り、用法と用量を守りながら服用しますが7日間の服用指示で5日間しか服用しなければ、菌がまた繁殖する可能性が高まります。クラミジアの抗生物質を服用しても、それに対して体制を持つ菌がありその場合は専門医へ相談する必要があります。特にクラミジアは感染しやすい感染症でパートナーへ移すので、炎症が進んで症状が悪化する前に受診することが大切です。パートナーにもうつしている可能性が高いため、同時に診察を受けにいき治療を始めることが望ましいです。また誰から感染したかがわからない時は、パートナーに言いづらいこともありますが、放置すればお互いに感染するので早めに勇気を持って伝える必要があります。

関連記事
風俗に行くときはクラミジアの感染に注意!意識の低い風俗店に危険信号 2020年06月09日

クラミジアを風俗に行ってもらってきたという人はたくさんいますが、その原因は多くの人と接する機会が多い女性が接客をするからです。風俗には様々なお店がありますが、そこには大きな値段の開きがあり安いところは性病が蔓延しているから避けているという人もいます。確かに安い風俗店では性病の管理がそこまでされていな...

自覚症状がない人もいる!?男女別に見るクラミジアの主な症状 2020年03月27日

性器クラミジアは感染症で感染しても半数以上の人が自覚症状に気がつかず、少し放置すれば次第に症状がなくなるので、完治したと勘違いしそのまま専門医へ相談しない人も多いです。パートナーがクラミジアにかかることで1回の性行為によってうつる可能性は、約50パーセントとされており、半分の確率で感染することになり...

ジスロマックは通販で買っても大丈夫?購入者の口コミの評価は? 2020年01月11日

ジスロマックは一般の大手通販サイトで購入することはできませんが、個人輸入通販サイトならジスロマックは通販で購入することができます。こちらは海外からの個人的に輸入をする形になり、国内で購入するよりも安く買うことが可能です。時に偽物が出回っていることもあるので、信頼のできるサイトを選び買うことが推奨され...

通販でクラミジア治療薬は購入できる?薬の種類と特徴 2020年01月27日

クラミジア治療に使われる薬は、細菌を殺菌するための抗生物質ですがマクロライド系やニューキノロン系の抗菌薬の中で抗菌力が用いられています。またテトラサイクリン系の抗菌薬も1?10日間投与する形で、通販でも購入することができます。マクロライド系はアジスロマイシンやエリスロマイシン・クラリスロマイシンがあ...

クラミジアの主な感染経路と予防方法|パートナーからの感染に注意 2020年03月01日

クラミジアの感染経路はコンドームを使用しない性行為や、口や性器からの感染・母子感染もあります。特にクラミジアは感染力が強いとされる、クラミジア・トラコマチスという細菌で主に性行為で、粘膜・皮膚にある小さな傷口から侵入していきます。性器と性器や性器と肛門・性器と口が接触することで感染するので、性行為を...