• ホーム
  • 自覚症状がない人もいる!?男女別に見るクラミジアの主な症状

自覚症状がない人もいる!?男女別に見るクラミジアの主な症状

性器クラミジアは感染症で感染しても半数以上の人が自覚症状に気がつかず、少し放置すれば次第に症状がなくなるので、完治したと勘違いしそのまま専門医へ相談しない人も多いです。パートナーがクラミジアにかかることで1回の性行為によってうつる可能性は、約50パーセントとされており、半分の確率で感染することになります。男性の性器クラミジアは感染してから1?2週間ほどの間に初期症状が始まり、尿道炎が起こるのが一般的です。

排尿時に刺激痛があるので何らかの異変に気がつくことが多く、しみたり灼熱感があることもあります。淋病でも尿道から膿がでますが、クラミジアはそれよりは量的に少ないですし、ほとんど出ない人もいます。膿の色は透明や乳白色・サラサラした状態であまり粘り気がないので、すぐに異変に気がつきます。1週間も放置すればクラミジアの菌が尿道の奥へと侵入していきますし、その奥にある前立腺まで到達します。

前立腺は精子に栄養を与え成熟させる臓器なので、ここへ感染すれば不妊症などになります。この部分には抗生物質が届きにくいので、細胞にとっても居心地が良い場所となっています。病原菌が前立腺へ入れば治りづらいですし、そこには痛みを感じる神経があまりないので自覚症状自体なくなります。しかしその症状も進めば周りの神経を伝って、異常を知らせてくれますがそこに気がついた時は悪化している可能性が高いです。

女性のクラミジアは初めに子宮頸管部粘膜である、膣の奥や子宮の入り口に感染することが一般的になります。ここでは痛みを感じる神経がほぼないので、感染してもほとんど症状に気がつかないケースが多いです。クラミジアに感染すれば性器にかゆみが出始め、おりものにもにおいが出てきます。粘膜自体に炎症が起こるので、性行為を行えば痛くなるのも大きな特徴です。女性の場合は男性と同じく初期段階で十分な治療ができないと、クラミジアは体の中へどんどん進んでいきます。

進行する順番は子宮内膜炎・卵管炎・腹膜炎で、子宮内膜炎は下腹部の痛みや生理痛のような痛みが特徴です。また内臓が癒着するので卵管が癒着してしまえば、不妊症の原因になります。特に卵管の出口は腹腔内へつながっているので、進展すれば腹膜炎になり、骨盤内腹膜炎としての腹痛や生理痛も出てきます。このケースではクラミジアがすでに肝臓の裏側へ侵入している可能性があり、肝周囲炎を起こしているからです。

関連記事
風俗に行くときはクラミジアの感染に注意!意識の低い風俗店に危険信号 2020年06月09日

クラミジアを風俗に行ってもらってきたという人はたくさんいますが、その原因は多くの人と接する機会が多い女性が接客をするからです。風俗には様々なお店がありますが、そこには大きな値段の開きがあり安いところは性病が蔓延しているから避けているという人もいます。確かに安い風俗店では性病の管理がそこまでされていな...

クラミジアの検査料や治療費|クラミジア治療は健康保険が使用可能 2020年05月03日

クラミジアの検査料や治療費は健康保険が使用可能で、逆に健康保険を使用しなければ治療費が高くなるので注意が必要です。特に若い人は医療費を気にするあまり専門医の受診をしないこともありますが、性病の治療には精密検査や検査方法を用いるので風邪などの一般的な治療費に比べると高くなります。治療のタイミングを逃せ...

ジスロマックは通販で買っても大丈夫?購入者の口コミの評価は? 2020年01月11日

ジスロマックは一般の大手通販サイトで購入することはできませんが、個人輸入通販サイトならジスロマックは通販で購入することができます。こちらは海外からの個人的に輸入をする形になり、国内で購入するよりも安く買うことが可能です。時に偽物が出回っていることもあるので、信頼のできるサイトを選び買うことが推奨され...

通販でクラミジア治療薬は購入できる?薬の種類と特徴 2020年01月27日

クラミジア治療に使われる薬は、細菌を殺菌するための抗生物質ですがマクロライド系やニューキノロン系の抗菌薬の中で抗菌力が用いられています。またテトラサイクリン系の抗菌薬も1?10日間投与する形で、通販でも購入することができます。マクロライド系はアジスロマイシンやエリスロマイシン・クラリスロマイシンがあ...

クラミジアの主な感染経路と予防方法|パートナーからの感染に注意 2020年03月01日

クラミジアの感染経路はコンドームを使用しない性行為や、口や性器からの感染・母子感染もあります。特にクラミジアは感染力が強いとされる、クラミジア・トラコマチスという細菌で主に性行為で、粘膜・皮膚にある小さな傷口から侵入していきます。性器と性器や性器と肛門・性器と口が接触することで感染するので、性行為を...